サプリメントの情報,サプリメントの材料,効果,使用法の説明。
 

Site Map
美肌クリニック
美肌クリニック

サプリメント-栄養補助食品-効果-効能-使用法

 トップページ最新サプリメント・ニュース。飲む育毛剤
レッツ!レーザー脱毛
乾燥肌克服チェックポイント
本当の美白レッスン
よくある皮膚病豆知識
ニキビ撲滅プロジェクト
賢い皮膚科選び通信講座
小じわ・たるみ対策マニュアル
最新サプリメント・ニュース
皮膚科ドクターの美容医療体験記
Q&A掲示板
ビューティー・レッスン
サイエンス・ラボ
アンチエイジング研究最前線
クッキング・レシピ
 
 
東京のレーザー脱毛-南青山スキンケアクリニック
 
最新サプリメント・ニュース

飲む育毛剤

髪の毛の悩みは、お肌の悩み同様、男女を問わず私たちを悩ませるものです。
髪質の悩みから、脱毛やハゲてしまう悩みまで、その内容はいろいろです。

例えば、妊娠出産を経験された方はご存知かと思いますが、
お腹の中の胎児に栄養を供給したり、出産のストレスがかかったり、
ホルモンバランスの変化で、産後にかなり髪が傷んでいることや、
髪が減ってしまったことを気付かれる方もいらっしゃるのではないでしょうか?
ホルモンバランスが原因の場合は、バランスがとれてくれば、
髪の毛は数ヶ月で元に戻ります。栄養不足が原因の髪の痛みであれば、
その栄養分を補給すれば、髪質は改善できますね。
ストレスが原因の場合もそれを取り除くことが大切となります。

髪にとっては、紫外線、毛染液、パーマ液なども髪へのストレスで、
髪を傷める原因となります。自分の髪や地肌に合わないシャンプーや
リンスを使うことも良くありません。また、髪や地肌を不潔にしていると、
地肌の角質や毛穴の皮脂がとどまり、カビや細菌、ダニなどが
繁殖する元となる場合もあります。それだけではなく、さらに毛包部の血流を悪くし、
新陳代謝を下げてしまい、髪を細く弱くしてしまったり、
脱毛→ハゲを悪化させる原因となったりします。

栄養不足で髪に問題がある場合、お勧めのサプリメントは、
実はマルチビタミンやアミノ酸です。

今まで言われているように海草をとることもミネラル補給という意味では
髪に良いのですが、不足しているのはミネラルだけでなく、
タンパク質やアミノ酸、ビタミン(とくにビタミンBやE)などである場合が多いため、
バランス良くこれらを摂取できるマルチビタミンをお勧めします。

そして髪の毛の発育に不可欠なタンパク質(肉、魚、卵、乳製品など)や、
アミノ酸(タンパク質がさらに分解された形のもの)のサプリメントを
十分に採りましょう。

男性の加齢による脱毛に対して、飲むと効果がある育毛剤は、
上記のようなサプリメントのみでは十分でない場合が多いかと思います。
その場合医薬品の助けが必要となります。

アメリカではプロペシアという薬が男性の脱毛の内服薬として認可されています。
プロペシアは、もともと男性の前立腺肥大症の治療薬として使われてきました。
今でもアメリカではプロスカーという名前で前立腺肥大の薬としても使われています。
前立腺とは男性だけが持っている分泌臓器で、膀胱の下にあります。
これが年齢とともに大きくなってしまって、お年を召した方になると、大きくなり
過ぎた前立腺が、膀胱からの尿の流れを止めてしまうことがあるのです。

そんな時飲んでもらう薬が、プロペシアでした。

ところが、この薬を服用した人の髪の毛が、再び生え始めるという現象が起きました。
つまり、男性の前立腺肥大と脱毛の原因は同じなんですね。

そして、アメリカでは、男性の育毛促進にも良い薬として国の認可を受け、
販売されるにいたっています。

男性の脱毛の原因の一つが、男性ホルモンです。
このホルモンは男が男であるために必要不可欠で、男の赤ちゃんが
お母さんのお腹にいるときから思春期を経て、ずっと大活躍しているのです。
ところが、どういう訳か、この男性ホルモンが、後々になって男の人を困らせるのです。
その困った働きを始めたホルモンの生産を押さえるのが、この薬です。
この薬は、ロゲイン(つける育毛剤)などと違って内服のため、不安を
感じる方も多いのではないでしょうか?
実際、男性が男性として成長するために大切なホルモンを抑える訳ですから、
成長期の服用は確かに危険といえます。
それから、女性には、女性に必要なホルモンバランスがありますから、
女性の服用も一般には禁止されています。

しかし、完全に成熟した男性に限っては、すでに男性としての身体のシステムが
出来上がっているため、副作用は比較的少なく、効果を期待できるようです。

女性も年齢と共に髪が減って細くなってくるのですが、女性の脱毛の悩みは
男性の比べて少ないせいか、もしくはカツラなどをつけることに対しても男性に
比べると抵抗が少ないせいか、あまり画期的な治療法がないのが現状です。

加齢による脱毛は、地肌の血行と新陳代謝が下がることが原因の
1つとされていますので、地肌と髪を清潔に保ち、ブラッシングをまめにして、
地肌の血行を良くするように心がけ、サプリメントなどで身体の内側から髪に
栄養を与えることが、とりあえずの対策ということになります。

 

copyright(c) 2004 美肌クリニック. All Rights Reserved.