コラーゲンに関する最新の情報,化粧品へのコラーゲン利用など。
 

Site Map
美肌クリニック
美肌クリニック

コラーゲン-アミノ酸-化粧品-コスメ

 トップページサイエンス・ラボコラーゲンについて・その2
レッツ!レーザー脱毛
乾燥肌克服チェックポイント
本当の美白レッスン
よくある皮膚病豆知識
ニキビ撲滅プロジェクト
賢い皮膚科選び通信講座
小じわ・たるみ対策マニュアル
最新サプリメント・ニュース
皮膚科ドクターの美容医療体験記
Q&A掲示板
ビューティー・レッスン
サイエンス・ラボ
アンチエイジング研究最前線
クッキング・レシピ
 
 
東京のレーザー脱毛-南青山スキンケアクリニック
 
サイエンス・ラボ

コラーゲンについて・その2

「コラーゲンを作る材料」はコラーゲンだけではない

市販のコラーゲンは、(最近はBSEの影響で、
牛からの抽出は減る傾向にありますが)動物の皮革や骨の中からの抽出物です。
確かにコラーゲンは皮膚組織を形成する繊維ですから、
サプリで補給するのは理にかなっているように思えますね。  
しかし、コラーゲン繊維を天然の形のまま、
取り出すのは非常に大変な作業過程を経なければならず、従って大変高価なものになります。
実は、サプリメントとしてのコラーゲンはもっと安価なもので代用できるのではないか、
と考えられるのです。

コラーゲンはアミノ酸から成り立っています。 食事として摂取されたたんぱく質やコラーゲンは、
消化されて最終的にアミノ酸になり体に吸収されます。
アミノ酸は体のさまざまな成分を合成する際にも使われますが、
その一部が皮膚のコラーゲン合成に使われる、という関係なのです。
つまり、アミノ酸を摂取してもコラーゲンを摂取してもたんぱく質を摂取しても、
最終的にアミノ酸に分解されてから利用されるわけです。
(アミノ酸に分解されるまでの時間が多少異なるという差がある程度です)
ただしコラーゲン分子は《グリシン・プロリン・ハイドロキシプロリン》
または《グリシン・プロリン・プロリン》というアミノ酸配列が
その大部分を占めているという特徴を持っています。
つまり単なるアミノ酸ではなく、これらのアミノ酸に限定した栄養素を摂取するのが、
肌には最も効率的ですね。

さて、美肌のためにはこれらのアミノ酸に限定したアミノ酸を摂取するか、
コラーゲンを飲むか、しか方法は無いのでしょうか?

答えはNOです。
コラーゲンのかたまりである、ゼラチンを食べればよいのです。
体内で消化されたゼラチンは、上記アミノ酸として吸収されるからです。
ゼラチンはコラーゲンに比較してずっと安価で、馴染みの深い食品です。
おやつにゼリーを食べるほうが、おいしくて安くて、合理的だと思いませんか?
もちろん煮魚のにこごり、鶏の骨からのスープなどもゼラチンの宝庫ですよ。

コラーゲンの化粧品

一方、皮膚表面への塗布の効果は、コラーゲンは保水性が大きい繊維であるために
「薄い膜で皮膚の外側を覆うことができる」という効果が期待できます。
これは保湿効率の向上に役立つでしょう。
しかし、コラーゲンが皮膚の成分であるといっても、
コラーゲン分子そのものが皮膚の中に浸透していくことは不可能であり、
この点については別にお話することにします。

 

copyright(c) 2004 美肌クリニック. All Rights Reserved.