医療レーザー脱毛,永久脱毛,ムダ毛処理についての情報。
 

Site Map
美肌クリニック
美肌クリニック

医療レーザー脱毛-永久脱毛-皮膚科

 トップページレッツ!レーザー脱毛毛深いのはホルモンのせい?
レッツ!レーザー脱毛
乾燥肌克服チェックポイント
本当の美白レッスン
よくある皮膚病豆知識
ニキビ撲滅プロジェクト
賢い皮膚科選び通信講座
小じわ・たるみ対策マニュアル
最新サプリメント・ニュース
皮膚科ドクターの美容医療体験記
Q&A掲示板
ビューティー・レッスン
サイエンス・ラボ
アンチエイジング研究最前線
クッキング・レシピ
 
 
東京のレーザー脱毛-南青山スキンケアクリニック
 
レッツ!レーザー脱毛

毛深いのはホルモンのせい?

体のむだ毛の量は、髪の毛の量の多い少ないと同じように、かなり個人差があります。
体毛に関しては、量が多いというお悩みの場合が、少ないとお悩みの場合よりも多いのですが、
女性で毛深いことを悩んでいらっしゃる方から、
「私がこんなに毛深いのはホルモンの異常なんでしょうか?」と聞かれることが時々あります。

そこで今回は、ホルモン異常による多毛症についてお話したいと思います。

大きく分けると、卵巣の異常か副腎の異常に分けられます。
卵巣の異常としては、『多嚢胞性卵巣症候群』=PCO が比較的良くあるお病気です。
本来は女性の月経周期の中で、卵胞は十分発育すると、破裂して中から卵細胞が飛び出ます。
これがいわゆる排卵です。ところがホルモン異常によってこの卵胞の成熟が十分でないと、
排卵日に卵胞が破裂せず、そのままの状態で止ってしまい、
結果として卵巣の表面で未発育の卵胞がぶどうの房の様にたくさん作られてしまいます。

症状としては、生理不順や無月経、また排卵が十分できないために不妊症で気づかれることもあります。このPCOでは、男性ホルモンが多く作られるため、多毛となることがあります。産婦人科では、卵巣のエコー検査など、簡単な検査でもある程度わかります。

副腎の異常としては、『クッシング症候群』などがあります。詳しい分類などは省略しますが、
副腎から男性ホルモンが多く分泌されるために、やはり多毛やニキビ、生理不順・無月経、
不妊症、肥満などの症状があります。内分泌内科での血液検査が必要になります。
高血圧ぎみとなりイライラすることも多いようです。

逆に、急にこのような複数の症状が現れたわけでなく、
「思春期以降生理も順調、体毛の量も元々濃いめ・・・」と言う場合は、
ホルモン異常に関しては心配しなくても良いと思います。


 
copyright(c) 2004 美肌クリニック. All Rights Reserved.