医療レーザー脱毛,永久脱毛,ムダ毛処理についての情報。
 

Site Map
美肌クリニック
美肌クリニック

医療レーザー脱毛-永久脱毛-皮膚科

 トップページレッツ!レーザー脱毛脱毛自己処理による肌トラブル
レッツ!レーザー脱毛
乾燥肌克服チェックポイント
本当の美白レッスン
よくある皮膚病豆知識
ニキビ撲滅プロジェクト
賢い皮膚科選び通信講座
小じわ・たるみ対策マニュアル
最新サプリメント・ニュース
皮膚科ドクターの美容医療体験記
Q&A掲示板
ビューティー・レッスン
サイエンス・ラボ
アンチエイジング研究最前線
クッキング・レシピ
 
 
東京のレーザー脱毛-南青山スキンケアクリニック
 
レッツ!レーザー脱毛

脱毛自己処理による肌トラブル

自己処理(ご自分で剃ったり抜いたりすること)によりさまざまな肌トラブルが起こります。

@埋没毛

ひんぱんにムダ毛を剃ったり抜いたりしていると、皮膚の中へ1本の毛が
すうっと横たわっていることにある日ふと気づくことがあります。

これがいわゆる埋没毛というものです。

原因としては自己処理の際に深剃りや逆剃りをしたり、毛を抜いた際、
残った毛の上端が裂けてしまい、毛の先が尖りますので簡単に皮膚の中へ刺さり、
そのまま成長を続けます。
すると気がついたときには細いみみずばれのように皮下に毛が横たわってしまうわけです。
しばらく放っておくと毛の伸長が止り、自然と異物として分解・排泄されることもありますが、
異物反応が起こり、炎症を起こしてしまうこともあります。

炎症が起きるとその周りが硬くしこりのようになり、悪化してしまうと
毛巣病と呼ばれる状態になります。
毛巣病になりますと、外科的な手術で周囲を含めて摘出しなくてはならなくなります。
女性で毛巣病になる場合はワキが最も多く、それは最も頻繁に自己処理を行う場所だからです。
頻繁に剃る(特に深剃りや逆剃り)ことや、毛を抜くことはやめましょう。

A毛膿炎

自己処理の際、毛穴からばい菌が入り、化膿することをいいます。

不潔な環境で深剃りや逆剃りをすると起こりやすくなります。
お風呂場での毛剃りや、放置したままのかみそりでの処理はやめましょう。
また、自己処理の前にその部位や器具を消毒してから行うようにしましょう。

B粉瘤

自己処理などによりできる小さな傷をきっかけにして、表皮がめくりこんでしまい、
皮下に腫瘤のようにできものが出来てしまう事をいいます。多くの場合、
そのドーム状のふくらみの頂点に、へそのようなものがあります。
圧迫するとそこからクサい、粥状の物質が出てきます。

炎症を起こすまでは自覚症状がありませんが、
ばい菌が入ったりすると炎症性粉瘤となります。
こうなると病院で飲み薬をもらったり、切開してもらったりしなくて治りません。
しかも触れるだけで激痛が走ります。
そして炎症が治まったころに外科的な手術で周囲を含めて切除します。
女性のワキ以外にも男性のヒゲでもよく見られます。


Cかみそり負け

これは誰でも一度や二度は経験がありますよね。
男性の方ではヒゲを毎日剃る必要がありますので、悩んでいらっしゃる方が
かなり多いのではないでしょうか。
かみそりで角質層が不均一に奪われ、肌が敏感になります。

多くの場合、毛剃りを数日間休むと自然と治ります。
ただし、頻繁にくりかえしていると炎症が常に起きている状態になりますから
炎症後色素沈着(いわゆる肌の黒ずみ)をおこしてしまうことがあります。
女性のワキの黒ずみの原因として非常に多い原因です。



▲このページのトップへ
copyright(c) 2004 美肌クリニック. All Rights Reserved.