小じわたるみについての情報,小じわたるみの原因や対処法について。
 

Site Map
美肌クリニック
美肌クリニック

しわ-シワ-小じわ-たるみ-タルミ

 トップページ小じわ・たるみ対策マニュアル顔にも右利き左利きがある?
レッツ!レーザー脱毛
乾燥肌克服チェックポイント
本当の美白レッスン
よくある皮膚病豆知識
ニキビ撲滅プロジェクト
賢い皮膚科選び通信講座
小じわ・たるみ対策マニュアル
最新サプリメント・ニュース
皮膚科ドクターの美容医療体験記
Q&A掲示板
ビューティー・レッスン
サイエンス・ラボ
アンチエイジング研究最前線
クッキング・レシピ
 
 
東京のレーザー脱毛-南青山スキンケアクリニック
 
小じわ・たるみ対策マニュアル

顔にも右利き左利きがある?

最近、「骨格のゆがみ矯正」という言葉を良く耳にしますよね。

左右の足の長さが違うとか、左右の肩の高さが違うなど、
人間の体というのは左右対称ではない場合がとても多いのです。
これは、普段の生活習慣も影響しています。
例えば、手が右利きの場合、どうしても荷物やバッグを右腕・右肩で持つことが多いですから
右腕の筋肉が発達するだけでなく、右の肩が上がってしまい軽い側わんという
状態になりやすいと考えられます。

このような、左右のアンバランスがあると、見た目が悪いだけでなく、
体の状態にも影響する可能性があります。
例えば右腕ばかり使うと逆に左腕・左肩を使わなくなり、左の肩こりや、
自律神経のバランスにも悪影響が出てくる恐れがあるわけです。
・・・あなたも、いつも左右どちらかの肩こりがひどくはないですか?


同じように、顔にも右利き左利きがあります。
(写真を撮るときに、右から撮った方が良く映るとか、私達も普段から
自分の顔が左右同じでないことは自覚していますよね。)
食事の時にいつも同じ側で咀嚼していると、あごの筋肉の発達に
左右差が生じてきます。

左右差があると、
・普段あまり筋肉を使わない側の新陳代謝が落ち、老化が早まる
・普段使う側と使わない側の運動量のアンバランスが生じ、しわやたるみを引き起こす
など、美容にも良くありません。
食事のときも、時々両側で均等に噛むよう、意識すると良いでしょう。

copyright(c) 2004 美肌クリニック. All Rights Reserved.