皮膚科の病院,クリニック選びのコツを紹介。
 

Site Map
美肌クリニック
美肌クリニック

皮膚科-病院-クリニック-選ぶ

 トップページ賢い皮膚科選び通信講座皮膚科か産婦人科か
レッツ!レーザー脱毛
乾燥肌克服チェックポイント
本当の美白レッスン
よくある皮膚病豆知識
ニキビ撲滅プロジェクト
賢い皮膚科選び通信講座
小じわ・たるみ対策マニュアル
最新サプリメント・ニュース
皮膚科ドクターの美容医療体験記
Q&A掲示板
ビューティー・レッスン
サイエンス・ラボ
アンチエイジング研究最前線
クッキング・レシピ
 
 
東京のレーザー脱毛-南青山スキンケアクリニック
 
賢い皮膚科選び通信講座

皮膚科か産婦人科か

皮膚科と産婦人科のどちらへ行ったら良いのか迷う症状があったら、あなたならどうしますか?
どっちへ行ったら良いのかわからないから、とりあえず薬局で薬を買ってみる・・・という方もいらっしゃるかも知れません。

今回は皮膚科と産婦人科とで迷う症状として、比較的良くある「外陰部のかゆみ」について お話したいと思います。『外陰部を皮膚科で見せるのは抵抗がある。産婦人科なら・・・』と
考えがちですが、早く治療開始するためにはなるべく早く適切な医療機関へ受診していただきたいのです。

外陰部のかゆみ

@下腹部の陰毛が生える部分(恥丘)またはビキニラインのかゆみ→皮膚科へ
原因:
・汗が下着で蒸れ、皮膚にかゆみを生じる
・下着、生理用品などによるかぶれ
・毛じらみ・・・顕微鏡検査が必要
・皮膚の水虫・・・顕微鏡検査が必要

A膣入り口の周囲のかゆみ
原因:
<おりものの量が増えるなどの変化がない場合>
→皮膚科へ
・汗やおりものが下着で蒸れ、皮膚にかゆみを生じる
・下着、生理用品などによるかぶれ

<おりものの量が増えたり、色がついたりした場合>
→産婦人科へ(膣炎を起こしていることが多く、皮膚の治療のみでは治らないため)
・カンジダ(カビの1種)、トリコモナス(原虫)などの感染症など
・膣内部〜子宮・卵巣の範囲での異常

早く治療開始しないと、将来不妊症になったり、またはパートナーにも感染が広がるものもありますので気をつけましょう。

copyright(c) 2004 美肌クリニック. All Rights Reserved.