皮膚科の病院,クリニック選びのコツを紹介。
 

Site Map
美肌クリニック
美肌クリニック

皮膚科-病院-クリニック-選ぶ

 トップページ賢い皮膚科選び通信講座アレルギー検査に物申す
レッツ!レーザー脱毛
乾燥肌克服チェックポイント
本当の美白レッスン
よくある皮膚病豆知識
ニキビ撲滅プロジェクト
賢い皮膚科選び通信講座
小じわ・たるみ対策マニュアル
最新サプリメント・ニュース
皮膚科ドクターの美容医療体験記
Q&A掲示板
ビューティー・レッスン
サイエンス・ラボ
アンチエイジング研究最前線
クッキング・レシピ
 
 
東京のレーザー脱毛-南青山スキンケアクリニック
 
賢い皮膚科選び通信講座

アレルギー検査に物申す

湿疹や蕁麻疹などで皮膚科にかかった時に、「(血液の)アレルギー検査」を受けたことがあるかたも多いでしょう。
ところが、『○○のアレルギーがある』、ということがわかっても、それが原因とはいえないのをご存知でしょうか?

湿疹などをおこすと、その原因を知りたくなるのは当然なのですが、アレルギー症状はいろいろな原因が重なっておきることもとても多いので、その原因がひとつとも限りませんし、調べた原因のうちひとつも検査に引っかからないということもあるのです。

つまり、例えば湿疹を起こしてアレルギー検査を受けたとしますね。
スギとダニにアレルギー反応がでたとします。
でも、その湿疹は実は猫アレルギーで起きた、ということも多い、ということです。

体の中に異物〔抗原〕が入ってくると、体の中ではそれに対しての抗体を作ります。再度、抗原が入ってくると 抗原抗体反応という異物を排除する働き〔免疫〕が起こります。 本来、自分自身を異物から守るために起こる抗原抗体反応も、時として過剰に働いてしまい身体に異常が起こります。それがアレルギーです。
 アレルギーには、血液中に含まれるIgE抗体(免疫グロブリン)という蛋白質が関与します。このIgE抗体には沢山の種類があります。スギ、ヒノキ、卵の黄身など、それぞれに含まれる特定の成分(抗原)と反応する性質があるため、それぞれ「スギ特異的IgE」、「ヒノキ特異的IgE」「卵黄特異的IgE」と呼ばれます。あるIgE抗体をたくさん持っている人ほど、これに反応する物質(アレルゲン)に対するアレルギーを起こしやすい体質であるということになります。

血液検査では各種アレルゲンに対する特異的IgE抗体を測定し、アレルギーの有無を推定します。
つまり、『ダニのアレルギーがある』といわれるのは、ダニ特異的IgE抗体の値が正常範囲より高かった、という意味です。
ただしその値が高かったからといって、症状が必ずあるわけではありませんし、検査していない別の原因によって皮膚への症状が起きたということもあるということです。

このように、血液のアレルギー検査はあくまでも「目安に過ぎない」のです。
そのため、患者さんへの負担(採血することや治療費など)を考えて、あえて検査をしたがらない先生も多いのです。
そしてそういう先生は、決して手を抜いて検査を省略しているわけではないのです。

copyright(c) 2004 美肌クリニック. All Rights Reserved.