皮膚科の病院,クリニック選びのコツを紹介。
 

Site Map
美肌クリニック
美肌クリニック

皮膚科-病院-クリニック-選ぶ

 トップページ賢い皮膚科選び通信講座水イボは取るべきか
レッツ!レーザー脱毛
乾燥肌克服チェックポイント
本当の美白レッスン
よくある皮膚病豆知識
ニキビ撲滅プロジェクト
賢い皮膚科選び通信講座
小じわ・たるみ対策マニュアル
最新サプリメント・ニュース
皮膚科ドクターの美容医療体験記
Q&A掲示板
ビューティー・レッスン
サイエンス・ラボ
アンチエイジング研究最前線
クッキング・レシピ
 
 
東京のレーザー脱毛-南青山スキンケアクリニック
 
賢い皮膚科選び通信講座

水イボは取るべきか

「水イボ」って聞いたこと、ありますか?
これは小さな子供にうつる事の多い、ウィルスによる
イボの一種で、米粒の半分位の大きさで白くプックリした
ブツブツが皮膚にいくつもできる病気です。
夏になると幼稚園や小学校でプールがありますので
その時期になると、急いで治したいと皮膚科を訪れる患者さんが多いのです。

この「水イボ」ですが古くからある病気で、このイボは白いプックリしていて、
つぶすと白いお粥のようなものが中から出てきます。
また、ルーペで拡大して見ると、プックリした
ドームの中央にお臍のような凹みがあるのが特徴です。

以前はひとつずつピンセットで摘除するのが治療の主流でした。
今は放っておいても自然に治ってしまう場合があるということが
分かってきたので、あえて摘除しないというドクターも増えています。(A)

しかし、命にかかわるような病気では無いのですが、プールなどで
人から人へ接触によってうつってしまいますので、早めに摘除したほうが
良いと考えるドクターもいます。(B)

摘除は(相手は小さな子供なので)押さえつけて行うことになってしまいます。
やられるほうも大変ですが、やるほうも大変です。
と恐怖でいっぱいになった子から、スタッフが蹴られたり噛み付かれたり・・・
子供からも嫌われてしまいますし。
ちびっ子は、やる前は「頑張れる?」と聞くと「うん。」と答えてくれますが
イザとなると「殺される〜!ママ助けて!!」と裏切ってくれることも少なくないのです。
今は麻酔テープという便利なものがあるので、使用すれば痛みに関しては緩和されているはずですが、やはりイボを摘除する時の恐怖は(多少出血もあるので)ゼロにすることは難しいようです。

また、保護者の考えにも二通りあり
・子供が痛がることをするのはかわいそうだから放っておきたい(a)
・痛くても我慢して摘除してもらい、早く治したい(b)
のいずれも同じくらいいらっしゃるのです。

(A)と考えるのは小児科の先生に多く、(B)と考えるのは皮膚科の先生に多い
傾向があるように感じますが、どちらが正しいとは一概に言えません。

ただ、摘除する場合も一度に全部取ってしまわなくても、いくつか取るだけでも
免疫系が活性化され自然治癒する可能性がありますし、いずれにしてもベースとして
ドライスキンがある子供が多いので、保湿剤を外用することが大切です。
ドライスキンがあると、免疫機能が下がり、このようなウィルス感染に対して
抵抗力が下がります。、それにドライスキンによって皮膚のかゆみが生じやすく、
引っ掻いてしまうことで周囲の皮膚にもイボが広がってしまうことが考えられるからです。

copyright(c) 2004 美肌クリニック. All Rights Reserved.