皮膚病についての情報,よくある皮膚病と対処法について。
 

Site Map
美肌クリニック
美肌クリニック

皮膚科-皮膚病

 トップページよくある皮膚病 豆知識フケ症
レッツ!レーザー脱毛
乾燥肌克服チェックポイント
本当の美白レッスン
よくある皮膚病豆知識
ニキビ撲滅プロジェクト
賢い皮膚科選び通信講座
小じわ・たるみ対策マニュアル
最新サプリメント・ニュース
皮膚科ドクターの美容医療体験記
Q&A掲示板
ビューティー・レッスン
サイエンス・ラボ
アンチエイジング研究最前線
クッキング・レシピ
 
 
東京のレーザー脱毛-南青山スキンケアクリニック
 
よくある皮膚病 豆知識

フケ症

フケ症は体質だと思っている方はいませんか?
フケ症は脂漏性皮膚炎という皮膚病の一種です。

全体像

脂漏性皮膚炎とは脂漏部位(頭皮・顔、特にTゾーンなどが多い)に軽いかゆみを伴う皮膚炎が慢性的におきている状態をさします。
頭皮の場合は自分で見ることが出来ませんので、フケが多いとか時々かゆみがあるなどの症状としてのみ自覚されている場合も多いようです。他の場所(顔など)では、皮膚が部分的に赤みを帯び、表面が少しかさかさする、とご本人も自覚します。
また、頭皮や顔に脂漏性皮膚炎が見られる場合、耳介〜外耳にかけての皮膚にも赤みやかさかさが見られる事が多く、この場合、耳垢が多く出る体質とご本人が思われている場合もあります。

原因

カビの一種である、マラセチア・フルフルの関与が指摘され、このカビ自体またはこのカビが作る物質に対してアレルギーを起こすのでは、ということがわかっています。脂漏性と名前がついていますが、あぶらしょうのかたのみにおこるわけではありません。

一般的な治療

まず、洗顔などで肌を清潔な状態にすることが大切です。
一般的にはステロイド外用剤を症状のひどいときだけ外用する方法が一般的です。かゆみがひどい場合は抗アレルギー剤の内服を併用します。また、ステロイド外用剤で症状が比較的落ち着いているときに、維持療法として抗真菌剤を外用するという方法もとられています。
また、保険が利かない方法になりますが顔の場合、弱くケミカルピーリングを定期的に行うことで赤みやかさかさを軽くさせることもできます。

間違えやすい他の病気

接触性皮膚炎・・・毛染めや整髪料、化粧品で軽いかぶれをおこすときも頭皮〜顔に同じような赤みやかゆみ、かさかさが出来ることがあります。疑わしい場合は、皮膚科でパッチテストなどの検査をしてもらうとほぼ見分けることが出来ます。

皮膚の水虫・・・水虫は足にだけできるのではありません。皮膚のいたるところにうつる可能性があります。皮膚科で顕微鏡検査をしてもらえばすぐわかります。

実は私が診療の中で、耳介〜外耳にかけての皮膚に赤みやかさかさができたというご老人を診たことがありまして、いつものように脂漏性皮膚炎かしらと思って(その方は鼻の周りにも赤いかさかさがありました。)ステロイド外用剤を処方しようとしたのですが、念のため顕微鏡検査をしたところ、水虫菌がびっしりでした。その方は足の水虫をいじった指で耳をほじっていたために「耳の水虫」になってしまったようでした。ステロイド外用剤では逆に水虫を悪化させてしまいますので、危ないところでした。
こんな水虫もあるのだなあと思っておりましたら、皮膚科の雑誌に、間違えそうになった症例として、同じような例を発表されておられた先生がいらっしゃって、他にもこういう患者さんは意外に居らっしゃるのかもしれません。

尋常性乾癬・・・じんじょうせいかんせん、と読みます。一般的には炎症の程度が脂漏性皮膚炎より強く、また他の場所にも皮疹がみられますので皮膚科医ならすぐわかります。

copyright(c) 2004 美肌クリニック. All Rights Reserved.