美白についての情報,しみそばかすを防ぐコツ,スキンケアアドバイスなど。
 

Site Map
美肌クリニック
美肌クリニック

美白-しみ-そばかす-シミ-ソバカス

 トップページ本当の”美白レッスン”イボかシミか?
レッツ!レーザー脱毛
乾燥肌克服チェックポイント
本当の美白レッスン
よくある皮膚病豆知識
ニキビ撲滅プロジェクト
賢い皮膚科選び通信講座
小じわ・たるみ対策マニュアル
最新サプリメント・ニュース
皮膚科ドクターの美容医療体験記
Q&A掲示板
ビューティー・レッスン
サイエンス・ラボ
アンチエイジング研究最前線
クッキング・レシピ
 
 
東京のレーザー脱毛-南青山スキンケアクリニック
 
本当の”美白レッスン”

イボかシミか?

一般的に「イボ」と呼んでいるものは実際は
だいたい次の3通りであることが多いようです。

色素性母斑(ほくろ)、脂漏性角化症(老化によるイボ)
伝染性疣贅(ウィルス性のイボ)のいずれかです。

ほくろ、といっても色が黒くなく肌色で大きく出っぱったものの場合、
イボと間違えやすいようです。
小鼻のわきにできることが多いですが、小さなころからあるほくろが
長年のあいだに少しずつ隆起しそこから毛が1〜数本生えることもあります。
この「イボ」は性格にはほくろであってイボではありません。
残り2つは正式な「イボ」です。

脂漏性角化症は紫外線を受けやすい顔やくびすじなどに出来る、
褐色から茶色のイボです。
特に光老化といって、日焼けをした箇所に多くできます。
ゴルフ好きの中年男性に多く見受けられます。

伝染性疣贅とはウィルス性のイボで、指先や足の裏などに出来るイボです。
硬く、表面に点状出血(黒い砂のような点々が見える)があるのが特徴で
感染するイボです。
といっても、子供以外は他人から感染することはほとんどありません。


このうち、シミと間違いやすいイボは脂漏性角化症です。
シミとの違いは、シミは触った時に平坦で普通の肌のようですが、
脂漏性角化症は少し表面が盛り上がりがあり、触った時ざらざらしています。

では脂漏性角化症の治療方法ですが、表面の隆起しているところは
炭酸ガスレーザーなどで蒸散するか、 または液体窒素で週1回ペースで
数回焼いて取る方法が取られます。
このイボをしみと間違えて美白化粧品などを塗っても、
薄くなりませんのでお気をつけください。

copyright(c) 2004 美肌クリニック. All Rights Reserved.